外壁洗浄(高圧洗浄)の費用相場

リショップナビ

一戸建てを所有していると、家のことを定期的にメンテナンスする必要があります。
壊れたりしているわけではなくても、手を加える必要があるのです。
それにも色々なことがありますが、ここで紹介するのが外壁の汚れ。
外壁は常に外の空気にさらされていることから、汚れがつきやすく雨や風の影響もダイレクトに受けます。
強い風が吹けばあちこちからゴミなども飛んでくるため、そのゴミも壁に付着してしまう事があります。

 

汚れなどが溜まってしまうと、壁が黒ずんで見えたり、元々の色がくすんで見えます。
また雨による汚れは落ちにくく、簡単に落としきることができないので汚れが蓄積しがち。
そのため汚れが蓄積して落としにくくなる前に、定期的に外壁洗浄をしておくことがおすすめなんです。

 

ではこの外壁洗浄、どれくらいの費用が必要となるのでしょうか?
高圧洗浄の費用は平方メートルで計算され、1平方メートルあたり100〜300円とされています。
外壁となると家の大きさにもよりますが、それなりに範囲も広くなるので数万円はかかると思っておきましょう。

 

先ほどの価格は高圧洗浄によって汚れを落とす事を目的としたもの。
これに防カビ塗料などを希望する場合は、600〜800円程に跳ね上がります。
こちらをしておけばコーティング効果が期待できますので、湿気によるカビなども防ぐことができるでしょう。

 

洗浄費用としてはこれくらいですが、二階建て以上の家であれば足場も必要となります。
その場合は足場を組む費用も加算されるので覚えておいてくださいね。

壁の汚れを放置すると危険その訳とは

壁の汚れを見ると掃除しなくちゃ…と思いますが、いざ掃除するとなるとやはり大変なので放置してしまいがち。
放置しているとどんどん汚れは酷くなり、これはちょっと外観を損ねる…というほどまでに酷くなっていきます。
汚れは定期的に落としておかないとどんどん溜まって頑固な汚れとなっていくため、あまりにも酷くなりすぎると落とす事ができなくなるので注意しましょう。
汚れを放置すると落としきれないだけでなく、他のトラブルも引き起こします。
では他にどんなトラブルが出るのか見ていきましょう。

 

梅雨時期は雨の日が続き、湿度も高いことからカビが生えやすい時期です。
カビは壁にも生える可能性があることをご存知ですか?
外壁は雨から家を守ってくれますが、ダイレクトに雨を受け止めるため乾く間もなく常に雨に濡れた状態に。
さらに湿度が高くなればカビが生える条件が揃ってしまうため、梅雨時期に外壁にカビが生えることも珍しくありません。
カビが生えるとどんどんその菌が増殖し、家の内部にまで繁殖しかねません。
そうすると室内にもカビが入り込み、アレルギー症状を起こす可能性があるのです。

 

また外壁のトラブルとしてチョーキング現象という物もあります。
これは外壁に塗られている塗料に含まれる顔料が外壁に粉のように付着してしまっていること。
こうなると塗装はすでに劣化してしまっているため、塗料は外壁を守ってはくれません。
そのためこの現象が起きたら、すぐにでも再塗装をする必要があると言われています。

 

外壁の汚れを放置するとこういったトラブルが出るようになります。
これを防ぐには定期的に汚れを取り除き、汚れが溜まりにくい状態を維持することが大切です。

外壁洗浄のポイント

リショップナビ

外壁洗浄は業者に頼むことがおすすめですが、自宅に高圧洗浄機があるのであれば自分自身で行うことも可能です。
ちょっとした汚れであれば自分で落とせるので、まだそこまで汚れが溜まっていないのであれば自分で定期的に掃除しておきましょう。
汚れはただ落とせばいいというわけではなく、外壁の素材を傷めないように洗っていくことが大切。
では洗う際はどんなポイントに注目すべきかを紹介していきます。

 

高圧洗浄機は非常に威力が強いものです。
同じ場所に長く当て続けてしまう事で、外壁を痛めてしまう可能性があります。
塗装が剥がれる恐れもあるため、外壁が脆くなってしまいます。
そのため同じ場所を長く洗浄するのは良くありません。

 

また洗う際に研磨剤を使用しないことも大切なポイント。
研磨剤は頑固な汚れも落とす事ができますが、外壁そのものを削ってしまいます
これでは外壁を脆くさせてしまうため、研磨剤と高圧洗浄機を併用しないようにしてください。

 

そして最後に天気の良い日に掃除を行う事。
天気が悪い日に外壁の洗浄を行う人はいないと思いますが、雨風がある時に洗浄をしても意味がありません。
汚れを落としてもまたすぐに汚れが付着してしまうため、洗浄は天気の良い日に行うようにしましょう。

 

自分で外壁洗浄を行う際はこれらのポイントに気を付けて行ってください。
自分では落しきれない汚れがある場合は、業者に依頼することがおすすめです。

外壁洗浄の作業時間と乾燥時間

外壁は家の周り全体を指すので、外壁全体の掃除となるとかなりの時間がかかります。
平屋であればそうかからないかもしれませんが、二階建てとなると一階部分・二階部分・それに屋根が加わるので最低でも7〜8時間程度はかかってしまうのです。
そのため明るい時間帯に作業を行い始めるとしても、丸一日は作業に費やされることとなります。
そしてその翌日を丸一日つかって乾燥させます。
つまり洗浄と乾燥は二日かかるということです。

 

業者の中にはわずか2〜3時間程度で作業を終わらせるというところもあるようです。
小さな平屋の洗浄であれば済む可能性があるとしても、ある程度大きな家なのにそれだけの時間で済むと言われたら、悪徳の可能性を疑っても良いかもしれません。
時間が少なくなればなるほど、洗浄の作業が手抜きかもしれないからです。

 

洗浄と乾燥は時間がかかるものと思っておき、あまりにも早すぎる時間を提示してくる業者は止めておいた方が安心です。

外壁洗浄の種類

リショップナビ

外壁洗浄にはいくつかの種類があります。
高圧洗浄以外にもあるので、まずはその種類について見てみましょう。

 

高圧洗浄
高圧洗浄は強い威力で水を壁に吹きかけて汚れを落としていく方法です。
頑固過ぎる汚れでなければ高圧洗浄で充分に落とす事ができますし、外壁洗浄の中でも最も安価という特徴があります。

 

トルネード洗浄
高圧洗浄よりも強い威力で壁に水を吹きかけて汚れを落としていく方法です。
高圧洗浄では落としきれない汚れ・コケ・カビなどもスッキリと落とす事ができます。

 

バイオ洗浄
薬剤を使用して汚れを落としていく方法です。
コケやカビを落としきるトルネード洗浄とは異なり、こちらは殺菌効果も期待できます。
また菌を新たに発生させないようにしてくれるので、長くカビなどが発生しにくくなるでしょう。
洗浄方法の中では最も高価な方法となります。

 

外壁洗浄にはこれらの種類があります。
外壁の汚れや状態によって洗浄方法を選ぶ必要がありますので、業者に見てもらってどの方法が最適かを相談してみると良いでしょう。

外壁洗浄の費用を抑えるには

外壁洗浄の費用は高圧洗浄であれば安く抑えられますが、汚れの程度によっては高いトルネード洗浄やバイオ洗浄をしなければいけないかもしれません。
また安い高圧洗浄であってもやはり数万円はかかるため、できることなら極力安く抑えておきたいですよね。
外壁洗浄は自分ですれば安く抑えられますが、汚れをスッキリ落として外壁も傷めずにしておきたいなら業者にお任せした方が良いでしょう。
プロであれば外壁が傷まないよう最適な方法で洗浄をしてくれます。
では安く外壁洗浄をしてくれる業者はどうやって探せばいいのか?

 

これに関しては複数の業者に外壁洗浄の見積りをしてもらうことが大切です。
複数の業者に見積もりをしてもらうことで、何処の業者が一番安く洗浄をしてくれるかが分かるからです。
同じ作業方法でも作業の費用は異なるため、比較することで最も安く洗浄をしてくれる業者を見つける事ができます。

 

ですのでまずは見積り依頼をする業者をいくつか選定し、各社に見積り依頼を出しましょう。
それから見積もりをもらって比較し、依頼する業者を決定すると良いですよ。

外壁の洗浄リフォームが得意なリフォーム会社を探すには

外壁の洗浄は外壁を傷めることなく汚れだけをすっきり落とす必要があるので、できるだけ外壁洗浄になれた業者にお願いしたいところ。
ですがどうやってそれを見極めるべきなのかが難しいですよね。
外壁洗浄ならお任せ!なんて謳っていても、実際はあまり実績がない…なんて業者に依頼してしまうと、後々後悔することになるかもしれません。

 

外壁洗浄を安心してお任せしたいなら、リショップナビを活用してみましょう。

リショップナビ

リショップナビとは家のリフォームや外壁洗浄など、住宅にまつわる作業をしてくれる全国の業者が登録しているサイトです。
このサイトに見積り依頼を出すと、登録している業者の中から依頼内容に最適なおすすめ業者をいくつか紹介してくれます。

 

リショップナビ

登録している業者はリショップナビの厳正な審査に通過した業者のみ
悪徳はしっかりと排除してくれているので、依頼して高い費用を請求される恐れも少ないというメリットがあります。
また一度見積り依頼を出すだけで複数の業者を紹介してくれるので、自分で複数の業者を探す手間が省ける魅力もあります。
リショップナビにはリフォーム保証もついているため、実際に施工してもらった後に不具合が出ても保証内で再施工してもらうこともできます。

 

リショップナビ

見積りの手順はサイトの申し込みフォームから必要事項を入力して送信し、それから少し待てばおすすめ業者を紹介してもらえます。
それから見積り内容を比較し、実際に依頼する業者を選定すればOK。
難しい手順は一切ありませんし、面倒なことも全てお任せできるため、安心してお任せできる業者を選びたい人はぜひリショップナビを活用してみてくださいね。

 

リショップナビ